ブログ

交流とは何か?2020.1.19

辞書を読んで意味を明確にしておきます。

 

異なる地域、組織の間で人や物事が互いに行き来すること。行き来して付き合うこと。また、その行き来。特に、人と人、人と自然などの間に交わされる心的感応、気持のやりとりをいうこともある。

▷ 帰れる父(1919)〈水守亀之助〉

「どこにゐるのか知れない父と自分との間にある心の交流があるやうに感じられるのだった」

精選版日本国語大辞典 (C) SHOGAKUKAN Inc.2006

 

難しい意味では無いですよね。

 

商品・サービスを営業するのは、交流ではありません。関係ありません。

自分はこういうことをしています、これが趣味です、家族はこうです。仕事への取り組みはこう考えています。と、言うだけ言う。けれども、相手の話には興味が無い。そうした人もいます。確かに、自分のことを知ってもらうのは交流の片方の部分ですが、それだけでは交流は完成しません。

 

交流とは、まず、相手を尊重するところから始まります。

 

相手のことを気にすること、理解しようと努めること、話を聴くこと。

相手を尊重するとは、自分の話より、相手の話の方が大切なんだ、ということを示すことです。そして、自分のことも分かってもらう。お互いに、分かりわかり合う。それが交流です。