ブログ

iCloudのメールが消えて、復活できた話2022.3.6

iPhoneでメールを操作中、誤って受信トレイにあるメールを全て削除し、ゴミ箱に入れてしまいました。OutlookとiPhoneとを利用して、ゴミ箱にあるメールを受信トレイに戻し、戻ったのを確認したので、それでOKのはずでした。

 

ところが、翌日、受信トレイにあるメールが最新のメール10数件を除いて、全て消えています。なんらかのOutlookやiPhoneの不具合だろうとまず考えてました。次に、iCloudをPCで開いてブラウザで確認したところ、これも消えている。ブラウザで確認して、表示されないということは、完全に消えていると予想できます。

 

さすがに、焦ってきましたが、バックアップを探すと、Outlookで利用する、.ostファイルが最近の日付でありました。ファイルをOutlookに戻す前に、Appleのサーバーと同期しないように、ネットワークの接続を解除してから、戻しました。データが残っていたので、念のため受信トレイのメールをアーカイブに移動し、メールを復活できました。

教訓

  • クラウドの自動同期は、なんらかの不具合が発生すると、全ての端末からデータが消えて復元できない場合がある。ローカルのPCに自動同期でないバックアップをとっておくこと。
  • 今回は、バックアップしたファイルにデータが残っていたが、バックアップしたと思っていても、実際はそのファイルにデータが無いかもしれない。アプリケーション専用のファイルは、そのファイルにデータがあるのかどうか確認しておかないといけない。