kintoneとCTI連携

概要

  • 着信があった時に、kintoneで、電話番号を検索して、情報を表示することができます。
  • URLに電話番号やレコード番号を含めて検索・表示するWebアプリは、同様に設定を行うことができます。
  • 複数台のPCで運用することも可能です。

 

ガンジスCTIは、柔軟に連携ができるようにするため、様々な機能があります。ご利用の環境に応じて、最適な方法は異なります。ご不明な場合は、ガンジスまでお問合せ下さい。

複数のPCで着信を処理する方法

     

    詳しくは、複数のPCで着信処理を参照して下さい。

     

    連携方法の例

    以下、4種類の連携方法を解説します。また、これら以外の方法もあります。

     

    1. 着信があった時に、電話番号をkintoneで検索する方法
    2. 前もって、kintoneのデータを外部ファイルに出力しておき、着信があった時、ポップアップで表示、kintoneで顧客情報画面を表示する方法
    3. サーバー・クライアント機能を利用して、複数台のPCで、kintoneと連携する方法
    4. ひかり電話の内線設定で、複数のPCを接続して、複数台のPCで、kintoneと連携する方法

     

    例1:URLの確認方法と設定 

    ここでは、ハイフン有り・無しの電話番号をkintoneで検索する場合を例にします。

     

    1. 顧客情報のリスト画面で、絞り込むのアイコンをクリックします。
    2. 絞り込み条件で、
      電話番号のフィールドの条件を2つにし、090-1234-5678、09012345678と入力します。
      いずれかの条件を満たすをチェックします。
      適用を実行します。


    3. すると、URLに、電話番号が含まれて表示されます。



      画像の例では、

      https://l4tgerkcl462.cybozu.com/k/4/?view=2189&q=f2183%20%3D%20%22090-1234-5678%22%20or%20f2183%20%3D%20%2209012345678%22#sort_0=f2174&order_0=desc&size=20


      となりました。(このURLは、それぞれ異なります。)

    4. ガンジスCTIで利用するために、090-1234-5678を、{FormedTel}、09012345678の部分を、{Tel}に置き換えて、URLを作成します。

      https://l4tgerkcl462.cybozu.com/k/4/?view=2189&q=f2183%20%3D%20%22{FormedTel}%22%20or%20f2183%20%3D%20%22{Tel}%22#sort_0=f2174&order_0=desc&size=20


      となります。
      {FormedTel}は、ハイフン有りの電話番号、{Tel}はハイフン無しの電話番号です。


    5. このURLをガンジスCTIで利用する方法はいくつかありますが、着信があると同時にブラウザで、kintoneで検索するには、次のようにします。




    6. 更に、この状態では、ポップアップが表示されますが、表示をしなくても自動的にブラウザで検索するには、ポップアップの表示秒数を-1にします。

     

     

    例2:外部ファイルを出力しての連携方法

    連携の仕組み
    1. kintoneのデータを、ExternalTelList.csvに出力しておきます。
    2. ガンジスCTIに電話の着信があった時に、その電話番号と一致するレコードをExternalTelList.csvから検索します。
    3. 一致した場合、その情報をポップアップで表示します。
    4. また、そのレコード番号を、URLで開きます。
    5. kintoneでは、そのURLによって、顧客情報を表示します。

     

    設定方法

    出力するフィールドを準備します。レコード番号を含めて、以下の12個が必要です。
    項目名は出力しないので、自由で良いです。

     

     

    Typeは、ガンジスCTIで、URLで開く処理を行うようにするため、常に3にします。
    初期値を3にセットします。

     

     

     

     

    CSVを書き出します

    • 先頭行を項目名にするのチェックをはずします。
    • 文字コードを、UTF-8にします。
    • 区切り文字はカンマにします。
    • 書き出すフィールドは、外部ファイルの項目順に一致させます。
      ここでは、
      No,Tel1,Tel2,Tel3,Tel4,Tel5,分類,会社名,名前,住所,Type,レコード番号
      の順です。

     

     

    ファイルに書き出してそのファイル名を、ExternalTelList.csvにし、ドキュメントフォルダ>Ganges>CTI に保存します。

     

     

     

     

    URLを確認します

    顧客情報を表示すると、URLに、そのレコード番号が含まれているのが分かります。

     

     

    画像の例では、

     

    https://l4tgerkcl462.cybozu.com/k/4/show#record=1&l.view=2189&l.q&l.sort_0=f2174&l.order_0=DESC&l.next=0&l.prev=2

     

    です。(このURLは、それぞれ異なります。)

    これを、

     

    https://l4tgerkcl462.cybozu.com/k/4/show#record={Ex1}

     

    にします。

     

     

    ガンジスCTIでURLで開くの、URLに設定します

     

     

     

    ポップアップでの表示例

    着信があった時、外部ファイルが検索され、ポップアップが表示されます。

    その時、表題をクリックすると、顧客情報がkintoneで表示されます。

     

     

     

    例3:サーバークライアント機能で、複数台のPCで、kintoneと連携

    サーバー・クライアント機能を利用して、着信があった時に、複数台のPCで顧客情報をポップアップで表示できます。クライアントでは、着信があった時に自動で、あるいは、表題をクリックした時に、kintoneで表示することができます。

     

    • サーバーPCで、例2:外部ファイルを出力しての連携方法の設定を行います。電話機器と接続するのはサーバーPCのみでOKです。
      着信があった時、サーバーPCで、外部ファイルを検索し、電話番号が一致すれば、kintoneで表示するためのレコード番号を取得します。その情報を含めて、クライアントPCに、着信情報・顧客情報を配信する仕組みです。
    • クライアントPCでは、ガンジスCTIでURLで開くを設定します。
      例:https://l4tgerkcl462.cybozu.com/k/4/show#record={Ex1}
    • クライアントPCでは、ポップアップが表示されたら、表題をクリックすると、kintoneで情報が表示されます。

    例4:ひかり電話の内線設定で、複数台のPCで、kintoneと連携

    • ひかり電話の機器には、複数台のPCを内線設定で接続できます。それぞれのPCを、ひかり電話の機器に接続します。
    • 顧客情報をポップアップに表示しないのなら、例1の方法をそれぞれのPCに設定します。
    • 顧客情報をポップアップに表示するのなら、例2の方法を、それぞれのPCに設定します。