インポートCSV

 

概要

  • 任意のCSVの、ヘッダー名(あるいは、列番号)を指定して、インポートできます。
  • CSVの1行に、家団体・個人・団体メモ・情報A・情報Bを含めることが出来ます。
  • CSVの1行に、複数の、個人・団体メモ・情報A・情報Bを含めることが出来ます。
  • 照合Noを利用して、複数の、団体メモ・情報A・情報Bを、一致するNoの家団体の記録に追加することが出来ます。

インポート画面を表示

 

ツール>インポート>インポートCSV をクリックします。

インポート方法

  • 設定名 設定を選択します。
  • チェック インポート元のファイルのデータが、インポートできるかチェックします。
  • インポート インポートを実行します。
  • 設定ボタン 名称と順番を変更できます。
  • 新規 設定を新規作成します。
  • 複製 選択している設定を複製します。
  • 削除 選択している設定を削除します。

 

  • インポート元ファイル インポート元のCSVファイルのファイルパスです。
  • 選択 CSVファイルを選択します。
  • 開く CSVファイルを開きます。

 

  • フィールド名で指定する。チェックをはずすとNoで指定
    • チェックすると、フィールド名(ヘッダー名)で、項目名を指定します。
    • チェックをはずすと、列番号で指定します。
  • 最初の1行を除外してインポートする チェックすると、CSVの1行目を除外します。

 

項目名・割当の編集

  • 行を追加 項目名・割当の新規の行を追加します。

 

  • プリセット 項目名・割当の、プリセットです。

 

  • 項目名 インポート先のフィールドの名称です。
    項目名の一覧は、テキスト変換を参照願います。
  • 割付1 フィールド名(ヘッダー名)か、列番号で指定します。割付1から5までを結合して、1つの文字列にします。プレビューで確認できます。
  • 割付2
  • 割付3
  • 割付4
  • 割付5

 

  • プレビュー行 CSVの行番号を指定します。
  • プレビュー インポートされる文字列が表示されます。

 

インポートの例

家団体・個人・メモ・情報A・情報Bをインポートする例です。

 

  1. 設定を新規作成します。
  2. プリセットを、家団体・個人・メモ・情報A・情報Bを選択して、設定します。
  3. プリセットの項目名・割付がされます。
  4. インポート元ファイルを選択します。ここでは、ガンジスをインストールしたフォルダ>インポート用>団体個人メモ情報AB.csvを選択します。
  5. インポートを実行します。

 

 

 

 

 

 

 

複数の、個人・団体メモ・情報A・情報Bをインポートする方法

項目名に、「-数値」をつけます。

画像の例では、

「姓-2」

「名-2」

です。

3人目以降も、

「姓-3」

「名-3」

のようにします。

 

個人・団体メモ・情報A・情報Bで複数の記録を、その行の家団体の記録にインポートします。

画像の例では、CSVのヘッダー名も、同じ名前にしていますが、それは任意で良いです。

 

 

 

空の記録がある場合

データが空で、その記録をインポートしない場合は、

[Empty]

を配置します。

[Empty]は、

  • 個人 
  • 団体メモ 団体メモ名前
  • 情報A 情報A名前
  • 情報B 情報B名前

に、配置します。

 

 

家団体の項目が無いCSVの場合

個人・団体メモ・情報A・情報Bの記録を、まとめて、表示している家団体の記録に追加します。

 

割付に文字列を含める

割付は、CSVのフィールド名(ヘッダー名)か列番号を指定します。この指定の前後に、任意の文字列を含めることができます。

 

  • ""で囲みます。
  • この""で囲んだ文字列の中で改行するには、\r\nを記入します。

 

例として、次の、データをインポートします。

 

次のように指定します。

  • Noは、"A"No"-B"
  • 分類000は、"新規客"

としました。

 

 

インポートを実行すると、次のようにインポートされました。

 

 

列番号で指定する場合も同様です。

利用例

元のCSVに複数の備考の列があり、それを1つのテキストフィールドにまとめたいときに利用します。

CSVに、memo1,memo2のヘッダーがあったとすると、

  • 割付1には、"備考1:"memo1"\r\n"
  • 割付2には、"備考2:"memo2

とします。

すると、1つのテキストフィールドに、それらの情報を、わかりやすくまとめることができます。

照合No

  • 照合Noを利用すると、メモ・情報A・情報Bを、Noが一致する家団体の記録に追加できます。
留意点
  • 照合Noは、家団体・個人の記録には関係しません。家団体・個人の記録がCSVにあると、通常通り、新規に作成してインポートします。
  • CSVで照合Noの割付が””の場合は、CSVのその行にある、メモ・情報A・情報Bの記録は、表示中の家団体の記録に追加します。
  • 家団体のNoが、唯一でない場合(同じNoがある場合)も、エラー表示無くインポートされます。
インポート例
  1. CSVには、Z0002というNoに、2つのメモの記録があります。
  2. CSVのGroupNoを、照合Noに割り付けます。
  3. インポートすると、家団体のZ0002の記録に2つ、Z0004に1つのメモがインポートされます。

 

 

自動採番

Noの割付を、"<<自動採番>>" から始めると、設定>自動採番による連番にしてインポートします。

インポート例1

 

 

 

インポート例2

最大値を利用する場合は、引数も利用できます。

 

自動採番では、入力画面で、No欄に、文字列 + * を、入力して登録すると、文字列から始まるNoを検索して、それに一致する番号の最大値を利用できます。それと同様に、インポート時の、<<自動採番>>の後の文字列が、引数として利用できます。

画像の例では、Aで始まるNoを検索し、その最大値を利用して、次のNoがインポートされます。

 

参照