リスト表示 設定

Ver 15以降の機能です。

 

  • リスト表示での、項目の順番を指定できます。
  • 関連する情報の記録を表示できます。例えば、個人リストに、家団体の情報を同時に表示できます。

設定画面を表示

設定>リスト表示設定 から設定画面を開きます。

 

 

 

 

追加する用語

画面左側が、表示するリストに追加する用語の一覧です。

 

  • プラスマーク 追加します。右側の表示するリストの設定に追加されます。
  • 追加する用語 家団体用語・個人用語・履歴用語・情報A用語・情報B用語から選びます。
  • ソートタイプ 指定順・日付昇順・日付降順 から選べます。
    指定順は、個人用語の時に利用できます。家団体詳細で設定した個人の順番です。
    日付昇順は、記録の日付1の昇順
    日付降順は、記録の日付1の降順
  • インデックス 0以降を指定できます。
    0は、1つめの記録
    1は、2つめの記録
    以下同様

追加する用語が、家団体用語 表示するリストが、家団体リストの場合、

ソートタイプ・インデックスは指定することはできません。

 

追加する用語が、個人用語・履歴用語・情報A用語・情報B用語のいずれかで、表示するリストが、家団体リストの場合、

ソートタイプ・インデックスは指定できます。

 

表示するリスト

設定するリストを選択します。

  • 家団体リスト
  • 個人リスト
  • 情報Aリスト
  • 情報Bリスト
  • 個人リスト in 家団体 家団体詳細を表示した時に、その家団体の記録に紐付く個人リスト
  • 履歴リスト in 家団体
  • 情報Aリスト in 家団体
  • 情報Bリスト in 家団体

 

  • ×マーク その行を削除します。
  • ヘッダー名 任意の名称にします。
  • Path 変更する必要はありません。
  •  数値で指定できます。
  • 順番 上向き矢印・下向き矢印で移動できます。あるいは、ドラッグして移動できます。

 

保存 設定を保存します。すぐに、リストの表示に反映します。

 

 

個人リスト in 家団体の例

 

 

個人リストに家団体の情報を表示する例

     

    1. 追加する用語を家団体用語、表示するリストを個人リストにします。
    2. 郵便番号から住所2を追加します。
    3. 保存します。
    4. 個人リストの表示に、追加されました。

     

    家団体に、2人目・3人目の個人の情報を表示する例

    1. 追加する用語を個人用語、表示するリストを団体リストにします。
    2. ソートタイプを指定順インデックスを1にして、名を追加します。
    3. インデックスを2にして、名を追加します。
    4. 追加された個人 名[1]と個人 名[2]をドラッグして、順番を移動します。
    5. 保存します。
    6. 家団体リストの表示に、追加されました。

    インデックスを利用する項目の留意点

    例えば、OrderedPeople[1].名は、[1]のインデックスを利用する項目です。

     

    • リスト表示の際に、記録を別途読み込むため、表示処理に時間が別途かかります。
    • フィルターを利用できません。

    その他留意点

    • 編集>リストの項目表示 による項目順の設定は併用できません。
    • Ver 14以前の、項目順の指定方法を利用する場合、各種設定>特定機能>リスト表示設定を利用するを、いいえにして下さい。