顧客一覧で広告や反響を分析する

分析は、Excelで行います。ガンジスは、ピボットテーブルを配置したExcelファイルに直接データを出力できるので、分析が、ボタン一つで行えます。

 

例えば、顧客リストで、誰にどのようなDMを送ったか、反響はあったか、などを、分析できます。

 

(次期バージョンで、このExcelファイルを出力できるようにします)

例:履歴の分類で分析する方法

履歴の記録の分類をピボットテーブルで分析します。

 

最初に、履歴の分類で、DM送付、2019年賀状送付、ニュースレター送付、来店、などに設定して、記録を追加します。

 

 

 

 

 

書類出力>分析から、団体・個人・メモのアイコンをクリックして、書類を出力します。

 

 

 

Excelでファイルが表示されるので、集計履歴のワークシートを表示し、M2を作成ボタンをクリックします。

 

 

 

 

M2を作成ボタンは、ワークシートMのデータを利用した、ワークシートM2を生成するものです。

これにより、集計履歴のピボットテーブルに、その分析結果が表示されます。