筆まめからインポート

 

(次期バージョンでの機能です)

概要

筆まめのデータをインポートする方法です。

できる限りもれなく記録をインポートするため、筆まめから出力できる

  • XMLファイル
  • CSVファイル

2種類のファイルを読み込み、それを合成して利用します。

 

XMLには、Aはあるが、Bは無い。CSVには、Bはあるが、Aは無い。 という場合があるからです。

 

ガンジスでの準備

インポート前に、ガンジスのデータをバックアップして下さい。

 

筆まめでの準備

表示項目を標準に戻すため、住所録のバックアップを最初に行って下さい。

 

 

筆まめのメニューの表示>項目名の変更をクリックして下さい。

 

 

標準の項目名>すべての項目 をクリックして下さい。変更していた表示項目名がすべて標準に戻ります。

 

 

 

ContactXMLファイルの出力

 

ファイル>他の住所録形式で保存 をクリックします。

 

ContactXML形式ファイルをクリックします。

 

ファイル名を指定します。

 

 

開始をクリックします。

 

CSVファイルの出力

 

区切り文字形式ファイル(*csv,*txt)をクリックします。

 

ファイル名を指定します。

 

全ての項目をクリックします。

次へをクリックします。

 

すべてのカードが選択されているはずです。

開始をクリックします。 

 

 

 

インポート実行

 

ツール>インポートから、インポート画面を開き、筆まめのインポートを実行して下さい。

筆まめから出力した2つのファイルを順に選択します。

 

 

インポート結果

 

  • 家団体の分類000には分類、個人の分類100には続柄の項目が追加されます。
  • 連名は3名まで。個人には全て連名全てがインポートされます。

 

インポート後は、全てを押して、データを更新すると表示されます。

 

筆まめと対応する項目

  • 印刷住所が自宅の場合 → 種別が世帯。住所・電話番号は自宅のものが設定される。
  • 印刷住所が会社の場合 → 種別が団体。住所・電話番号は会社のものが設定される。
  • 分類 → 家団体の分類000
  • 連名・情報の続柄 → 個人の分類100
  • マーク1から5 → 家団体のチェック1~5
  • フィールドに対応しない情報は、履歴にまとめて記載します。

 

 

 

インポートされない項目

  • Ver 28では、マークの6~10が、インポートされません。XMLファイルにもCSVファイルにもデータが出力されないためです。
  • 連名・情報の干支・星座はインポートされません。

 

 

留意点

  • 筆まめのバージョンによって、保存されたデータの仕様が異なるようです。
    そのため、異なるバージョンでは、読み込めないデータがあるかもしれません。
    データがきちんとインポートされているか、確認して下さい。
  • ガンジスでは、Ver 28と、Ver 30で確認しました。