未納金額を請求する(会費請求)

実現できること

NPO法人などの各種団体で、

  • 年会費の請求を正確に
  • 会員が入金しやすく
  • 入金確認に間違いなく

を実現します。

仕組み

情報A(会費や売上)の記録の

  • 入金状況が未納
  • 選択した該当年の範囲

の金額を合計します。

 

その合計金額を、請求書払込取扱票(郵便振替用紙)に印刷できます。

払込取扱票には、会員の住所・氏名も印刷できます。

設定方法

 

特定機能を利用します。団体の計算数値を、情報Aの分類210と数値1を利用 にして下さい。

未納の分類

 

入金状況(分類210)のうち、未納を利用するのにあたり、文字色・スタイルを設定しておくと、分かりやすくなります(必須ではありません)。

 

会費・売上(情報A)を追加

 

会費・売上(情報A)に、記録を追加します。

  • 入金状況は未納
  • 該当年は、請求対象の年/年度
  • 金額は、その年/年度の会費

にします。

 

 

画像の例では、2019年・2018年が未納になっています。

 

 

会費・売上(情報A)をまとめて追加する

を参照して下さい。

家団体リストで、範囲を選択

 

未納金額計範囲を選択します。画像では、「今年」になっているので、今年(今年度)の、未納金額の合計(10,000)が、リストに表示されます。

 

家団体詳細での表示

 

家団体リストで選択した範囲が、家団体詳細の、未納金額計に表示されます。

 

 

請求する

を参照して下さい。