払込取扱票の印刷方法(用紙・プリンタの設定・Word)

払込取扱票のサイズが、プリンタの印刷の仕様に合わない場合は、印刷できるように工夫する必要があります。

 

印刷方法

払込取扱票のサイズは、幅180mm・縦114mmです。プリンタで印刷するには、プリンタの印刷可能範囲を調べて、文字が欠けないように工夫をする必要があります。

ここでは、顧客管理ソフトガンジスから出力したWordファイルで行う、印刷方法の例1・2を掲載します。他にも、プリンタに合わせていろいろな方法があります。

Wordファイルについて

払込取扱票 期間指定未納分.docx


Wordファイルは、余白を、上下左右とも0mmに設定してあります。


ページ設定で、OKにすると、次の注意表示がされますが、無視して良いです。
通常のプリンタでは、印刷できない範囲のためです。

 

 

印刷方法の例1

用紙を縦にしてプリンタにセットし、印刷する方法です。

  1. プリンタのプロパティで、ユーザー定義用紙を、幅114mm×長さ180mmにします。
  2. プリンタによって、印刷可能領域が異なります。
    書類の端の文字が欠ける場合は、例えば、180度回転、にチェックを入れて印刷します。

 

 

印刷方法の例2

用紙を横のままプリンタにセットし、印刷する方法です。

高さが114mmですから、プリンタの最小の印刷サイズがこれより大きいため、高さを114mmに設定できない場合があります。その時は、以下の設定を行うと、プリンタで印刷することができます。

  • Wordファイルの、ページ設定で、高さを180mmにする
  • プリンタの用紙サイズの設定を、180mm(幅)×180mm(高さ)にする
Wordファイルの設定
  1. 払込取扱票 期間指定未納分を出力します。
  2. レイアウト>ページ設定>用紙 を開きます。
  3. 高さを180mmに変更します。
  4. 「一部の余白が印刷可能なページ範囲の外に設定されています。」と表示されたら、無視を選択します。
プリンタの設定

画像は、Canonのプリンタの例です。

  1. プリンタのプロパティを開きます。
  2. ユーザー定義用紙を、幅180mm×長さ180mmにします。