自動採番(オートナンバー)

概要

自動採番・自動番号・オートナンバーと呼ばれる機能です。

Noを、自動で設定します。

 

 

利用方法

  • 利用しない 利用しません。
  • 今の連番を利用 今の連番に表示されている数値に+1した数を、次の番号にします。
  • 最大値を利用 全ての記録から番号を検索して、最大値に+1した数を、次の番号にします。

設定

  • 日付書式を利用する 今の連番を利用するの場合、YYYY、MM、DDを、接頭語、接尾語で指定できます。
    YYYY は4桁の年
    MM は、2桁の月
    DD は、2桁の日
    になります。
  • 接頭語 今の連番を利用・最大値を利用で、接頭語を利用します。
  • 接尾語 今の連番を利用で、接尾語を利用します。
  • 数値桁 番号の最小の桁数です。例えば、100は、桁が4の場合、0100になります。
  • 今の連番 今の連番を利用の場合、次の番号は、この数値に+1されます。
  • 連番を変更する 指定した数値に変更できます。

 

いずれの設定も、データーベース毎、全ユーザー共通の設定です。

 

最大値を利用する場合

  • 接頭語を指定すると、文字列から始まるNoを検索して、それに一致する番号の最大値を利用します。


    画像の例では、「A0123」のように、Aで始まるNoの数値部分の最大値に1を加えた数字で、Noが発行されます。


    新規追加した時に、自動的に、Noが発行された例

 

 

  • No欄に、* を入力して登録すると、全ての記録から、数値だけのNoを検索し、その最大値の+1になります。

  • No欄に、文字列 + * を、入力して登録すると、文字列から始まるNoを検索して、それに一致する番号の最大値を利用します。

  • 接頭語に、例えば、A としておくと、A0001 のようなNoが自動で発行されます。
    これを利用して、通常は、A番台を発行し、この記録は、B番台にする(「B*」と入力して、登録ボタンを押す)、のように、Noを切り分けて発行することもできます。


    Noを「B*」として、登録すると、「B0105」のようになる。

 

 

考え方

ガンジス顧客管理では、Noの項目を、様々な出力や並び替えで利用します。
Noの付け方は、様々な方法がありますが、次のような方法もあります。

  • 顧客は、A0001のA番台
  • 見込み客は、B0001のB番台
  • 取引先・行政は、C0001のC番台

とします。

 

  • Excelに出力したとき、0001のような数値は、1になってしまい、処理に困ることがあります。そのため、Noを数字のみで付けるときは、1000番台から始めるなど、0から始めないのが良いです。