用語設定

概要

用語設定の画面

画像では、
情報Aは、売上項目
情報Bは、その他項目
になっています。

 

設定欄では、用語・表示の切替などを行います。

 

  • 用語 入力画面や出力ファイルで利用する用語です。
  • 解説 
  • 表示 表示・非表示・無効から選択します。
    非表示は、その項目の部分が空白としてレイアウトされます。
    無効は、その項目の部分が無いものとしてレイアウトされます。
  • 大きさ 幅やマージン。項目の改行。
  • 書式 数値の書式
  • Style ボータ-やトグルボタンを設定します。
  • 計算式 合計・平均を利用できます。
  • 標準項目に利用 リストの項目として表示します。数字は順番です。0は、表示しません。

大きさの例

  • Size:小
  • Size:中
  • Size:大
  • Width:70
  • WidthLabel:65
  • Margin:0,0,5,0
  • Option:単独
  • Option:終端
  • Option:可変

Styleでボーダーを指定する例

  • BackgroundBorder:#FFFFDC00
  • WidthBorder:430
  • ChildrenControlCountBorder:8
  • ContentBorder:名前

 

参照 用語設定:Style

順序の変更

順番を変更すると、入力フォームでもその順番で表示されます。

  1. 移動したい行を選択します。
  2. ドラッグして移動します。

順番は自動的に再設定されます。

計算式

  • Sum 合計
  • Average 平均

が利用できます。
2つ同時に利用する時は、 Sum|Average のようにします。