ブログ

顧客名簿が作成してある2019.9.13

顧客名簿の作成は、顧客管理の最初のステップです。

 

紙の台帳で行っていて支障が無いのでしたら、それでも良いですが、今は、紙の台帳で間に合うことは、ほぼありません。連絡方法だけでも、家の電話、個人個人の携帯電話、E-mailアドレス、SNSなど、必要な情報も多く、更に、販売履歴・対応履歴を記載していくのなら、データベースで管理せざるを得ません。

 

業種によって様々な方法がありますが、顧客の基本情報(名前・住所・電話番号)を、お客様から教えてもらう仕組みが必要です。ただし、顧客の情報を入手しにくい・できない場合もあります。その時は、名前や連絡先が分からなくても名簿に記載して、一人一人を認識できるようにします。

 

顧客との交流を深めるには、顧客の家族情報も記載していきます。法人顧客の場合は、担当する人を含め、その法人で名刺交換をした人など、関わった人を記載していきます。

顧客名簿を作成していない場合

顧客名簿を作成していない場合を、考えてみましょう。

顧客に定期的にニュースレターを送りたい、となっても、出来ません。誰に送れば良いのか分からないのですから。

この顧客と、今まで何回取引をして、売上・利益は幾らなのか? というのも集計できません。取引記録が顧客に紐付けられていませんから。

顧客の分類も、その数の集計もできません。お得意様・新規客・見込み客・離脱客に分類して、その数を知ることです。

最後の取引から年数が経った顧客へのアプローチもできません。他のお店を利用しているのか、引っ越したのか、亡くなったのか、様々な理由はあるでしょう。けれども、名簿に取引履歴を紐付けていなかったら、この顧客との最後の取引がいつなのか分からず、対処のタイミングが分かりません。

 

顧客名簿は、顧客管理の基礎です。顧客と交流を深めるためには、必ず必要になります。

 

 

あなたは、顧客名簿を作成していますか?