CTI(電話との連携)

電話と連携すると、電話の着信があった時に、画面にその顧客情報をポップアップで表示できます。

ポップアップには、ボタンが設定されています。

  • 表題をクリックで、顧客情報の詳細
  • 住所は、ブラウザで地図を表示
  • 電話番号は、ブラウザで電話番号を検索

します。

ガンジスCTI(ひかり電話の場合)

おすすめの方法は、NTTひかり電話を利用することです。対応する機器が必要ですが、簡易な方法です。例えば、 RT-500MI(ひかり電話対応ホームゲートウェイ・ひかり電話対応機器・ひかり電話ルーターと呼ばれます) を利用しているなら、ガンジスが自動的に設定を行うことができます。

対応していない機器をお使いの場合、NTTに交換を申し込めば対応する機器に交換できます(手数料が発生します)。ガンジスでも、以前は、PR-S300NEという機器を利用してましたが、これは対応していなかったため、RT-500MIに交換してもらいました。

ひかり電話対応ホームゲートウェイに、通常は電話機を接続するのですが、設定でLAN回線を利用しての内線を登録することもできます。PCを登録することで、電話がかかってきたときに、その情報をPCに送れます。その情報をガンジスで受け取って、電話番号から顧客情報を表示するのが、ひかり電話の場合のガンジスCTIの仕組みです。