ブログ

顧客毎の計画書を作成し渡している。2018.12.10

概要

顧客毎にヒアリング・コンサルティングを行い、計画書を作成し渡します。
顧客にとっては、次に何をすれば良いのか分かりやすくて便利です。計画書は良い指針です。また、顧客はその分野においてビギナーな為、何が必要で何をすれば良いのか分からなかったり、決めることが苦手だったり、考えるのが面倒だったりする場合があります。そうであれば、結果に至る道筋を分かりやすく示さないと、顧客はついてこれなくなってしまいます。

 

もちろん、顧客のメリットを考えずお店にとって都合の良いプランなら信頼を失います。顧客のためになる計画、というのが大前提です。
業種によっては、来店の動機付けになるなど、お店にとってもメリットは大きいです。

計画書の実例

  • 整骨院 治療計画
  • 美容院 ヘア計画(ケア・髪型)
  • エステサロン お肌の計画書

 

以上、計画書に来店計画・頻度も書き込むので、来店の動機付けとなります。

 

  • 学習塾 個別指導計画提書
  • 某学習塾 1週間毎にヒアリングし、1週間分の計画書を作成する。
  • 不動産(売買)・工務店 資金計画
  • 介護 ケアプラン
  • 写真館 撮影計画書 学校の卒業アルバム撮影など。1年間を通して計画的に撮影の必要があるため。
  • 税理士 未来会計図表(税理士法人古田土会計)を利用して、将来の会計を予測。どんな手を打てば、売上を上げたり利益を上げたりできるかを、会計の面からシミュレーションできる。
  • お寺 中陰逮夜表や年回忌の案内
  • 葬儀会社 葬儀計画書。生前に自分の葬儀の計画を立てておく。

 


計画書は、長期に渡る期間の予定や、複雑に絡み合った事柄を分かりやすく示す事が目的ですから、そうでなければ顧客にとって必要ではありませんが、もしそうなら、計画書を作成した方が顧客には親切です。

 


あなたには、計画書を作成すると良い事柄がありますか? 作成するならどのような計画書にしますか?