ブログ

起業の科学 スタートアップサイエンス2018.10.16

この本は、本の中でも定義されている通り、ハイリスク・ハイリターンの、破壊的イノベーションのスタートアップについて書いてあります。すでに市場のあるところで勝負するスモールビジネスの話ではありません。スモールビジネスにとっても、参考になるところはありますが、さらりと触れられている程度です。

小さなお店にとっては得るものは少ないですが、ネットで大成功を狙う人は読むと良いでしょう。

スモールビジネスにとって参考になる点は、その解説の量が少なく、ボリュームのある本書の中で埋もれてしまっているので、それが重要なことだと気づきません。いつも思うのですが、文章は短文でもその意を伝えますが、それは伝えるだけであって、人を説得・納得させるには、ある程度の量が必要な気がします。

 

■田所 雅之 (著) / 日経BP社

目次