顧客管理ソフト ガンジスの考え方

顧客管理ソフト ガンジスを初めて使っていると、あは!なるほどこれが顧客を大切にすることなんだ!顧客に向き合うとはこういうことなんだ!という体験が訪れます。

それを実現するために、ガンジスの仕様や機能で重要視している事柄を解説します。

記録をつけることが続けやすく

続けやすくなければ、結局使わなくなります。では、続けやすいようにするにはどうしたらいいでしょうか?すぐに書きたいことを書き始めることが出来るのが大切です。

記録を常に確認しやすく

履歴は、あちこちクリックしたり検索しなくても、すぐに一覧で読むことができること。この為に、ホームの履歴一覧はスクロールすれば時系列で全ての履歴がわかるようにしています。これは、ホームページでブラウザを下にスクロールすると、新しい情報が際限なく表示されるような仕組みと似ています。

これは、複数の人で情報を共有するのにも便利です。ガンジスを起動した時に自然と目に入ってくるため、否が応でも情報が共有されるのです。

データを他ソフトで利用しやすく

データは他のソフトと連携することで、さらに生かすことができます。逆にそれが出来ないなら、その価値は半減します。1度入力したデータは、再度入力することが無いようにする、というのが理想です。

Wordの差し込み印刷、CSV,Excelファイル出力、筆まめ連携など、ご要望に応じて増やしていく予定です。

ちょうど良い程度に作り込む

AccessやFileMakerのように一からデータベースを作成できるソフトウェアもあります。けれども、これはやはり難易度が高い。小さなお店の限られた人員の中で自社に応じたソフトを作成するには無理があります。外注するのもコストがかかりすぎます。逆に、機能が作り込まれすぎてカスタマイズがあまり出来ないソフトだと、自社の業務に対応しきれず不便な部分も出てきます。従って、この中間、ある程度作り込むけれども、カスタマイズもかなり出来る。また、特殊な機能はユーザーがカスタマイズするのでは無く、ガンジス側でソフトの機能として追加する。こうすることで、自社の業務にソフトの機能がフィットし便利に使えるようになります。

入力フォーム

  • 入力欄は、必要なものだけ表示して、不要なものは非表示に
  • 色や幅・大きさなども変更できるように

これにより、業務に合わせた要にして簡潔な入力フォームにすることが出来ます。不要な入力欄があったら、入力者はそこに入力すべきなのかどうか戸惑ってしまいます。

文字サイズは大きめに

文字サイズは比較的大きめになるように画面を構成しています。情報量は減りますが、文字が細かすぎて読みにくくなり、文字入力に間違えたり文字を読むのに時間がかかるよりは良いのです。代わりにスクロールすれば問題ありません。

Microsoftの新しいテクノロジーを利用

Microsoftのテクノロジーは古いものから新しいものまで利用できますが、Windowsの最新の機能を最大限利用するには、新しいテクノロジーで作成する必要があります。ガンジスは最新のテクノロジーに基づいて一から作成したものです。そのおかげで、例えば、高解像度のスクリーンでもガンジスの画面が破綻することはありません(古いテクノロジーだと破綻することもある)。

ゆるやかに制限する

設定の変更が簡単にできるようにしてしまうと、意図せず不用意に変更してしまい、混乱の原因になってしまいます。従って、設定は変更できるとしても、ワンクッション置いて変更できるようにします。例えば、リストの項目順はドラッグして入れ替えることが出来ます。けれども、不用意に入れ替わってしまうと、操作方法が分からない人にとってはあるべきところに項目が無いので、混乱することになるのです。ガンジスでは、項目順を変更しその順序を固定するために、メニューから項目順を保存するという手順を踏まなければなりません。

家団体と個人とをわける

他の顧客管理ソフトと違い、ガンジスでは、家団体(Group)と個人(Member)とを分けています。家の記録に家族個人個人を登録したり、法人の記録に社員を複数登録します。グループ単位で記録を処理することで、グループ宛(の代表)に連絡を取ったり、グループ全体での情報を集約できます。同時に、メンバー(個人)単位で情報を深めることも可能になります。

個人単位で記録を処理したい、という場合には、グループにはメンバーを一人のみ登録すればOKです。

さらに詳しくは、住所録の考え方を参照して下さい。

顧客管理の方法を提供する

顧客管理(支援)の方法を体系的に網羅・分類したものは、まだ無いようです。業種別に様々な顧客管理が提示されていますが、各業種を横断して共通項を抜き出し、あるいは差異をみつけ、顧客管理の方法論を提示する、というのが必要だとガンジスでは考えました。
売上を上げる・利益を上げるには、広告・販促を最初に考えてしまい、既存顧客への支援が後回しになりがちです。なぜそうなってしまうのか?それは、こういう方法によって既存顧客を支援できますよ、というのが理解されていないからです。顧客管理ソフトガンジスをさらに有効に活用して頂きたいため、 顧客管理の方法を網羅して提示することにしました。